BLOG

ブログ

マンションは追い焚き設置できる?注意点や流れは?

築年数が経過したマンションのお風呂リフォーム。
今は追い焚き機能はついていないけれど
せっかくリフォームするなら追い焚き機能をつけたい…
そう思われる方も多いのではないでしょうか?

 

給湯器やお風呂を追い焚き機能付きのものに変えれば簡単に
追い焚き機能が付くわけではありません。

 

今回は追い焚き機能を設置する流れや注意点をご紹介していきます。

 
 

 
 
 

追い焚き機能設置の流れ

 

 

1.給湯器を追い焚き機能付きに交換する


 
給湯器には

  • 給湯専用
  • 追い焚き機能付き
  • 暖房機能付き

など、種類があります。
 

現在、追い焚き機能がついていない、ということは
給湯専用タイプの給湯器が設置されている可能性が高いです。

 

そのため、追い焚き機能付きの給湯器に交換する必要があります。
ただし、マンションの給湯器は廊下にあるパイプシャフト内に設置されている場合がほとんどです。

 

 

ですので、設置できる給湯器の形状や大きさなど制限があるため
現場調査や既存給湯器の品番から、設置可能か可能性を探ります。

 
 

2.ユニットバスを追い焚き専用のものに交換する


 

 

既存のお風呂では、ユニットバスが
追い焚き機能に対応していない可能性が高いです。
そのため、対応している給湯器に交換が必要です。

 

しかし、種類によってはユニットバスを交換しなくても
工事可能な場合もございますので現地調査の際にお調べいたします。

 
 

3.追い焚き配管経路が確保できるか


 

“追い焚き”というのは、お風呂のお湯が
戻り配管という管を進み、「追い焚き釜」で温められます。
 
▼戻り配管

 

▼追い焚き釜温め

 

その後、「往き配管」というもう一方の管を通って
再びお風呂に戻っていくという仕組みになっています。

 

▼往き配管

 

そのため、「戻り配管」と「往き配管」の2本の配管を
給湯器からお風呂へ新たに接続する必要があります。

 

この配管経路が確保できるスペースがなければ
設置することはできません。

 

 
 

4.管理組合の許可が必要の場合がある


 

マンションの場合、
給湯器は室外に設置されていることがほとんどです。
例えば、下記図の様なマンションの場合
給湯器と室内の間には「躯体」というコンクリートが存在します。

 
▼パイプシャフト

 
▼マンション図面

 
▼お風呂図面

 

追い焚きの配管を通すには、この躯体に穴を開けなくてはなりません。
穴を開けるためには、管理組合の許可が必要となります。

 
 
 

最後に

 

給湯器やお風呂の交換のみでしたら、通常の会社でも対応できますが
配管経路を新たに確保したり、管理組合の申請など、
全てナカノヤにお任せください。

 
 
 

株式会社ナカノヤ

◎越谷店

埼玉県越谷市大沢3-28-11

0120-47-8711

◎浦和店

埼玉県さいたま市浦和区前地3-18-12

048-711-1955

◎墨田店

東京都墨田区東向島6-9-13 MTビル1階

03-6657-5031

 

 

▼公式LINE ※お問い合わせはLINEでも
越谷・墨田店  浦和店

 

▼各SNSでは施工事例やお得にリフォームできる情報を配信中

instagram / facebook / Twitter

 

▼動画でもご紹介しています