BLOG

ブログ

漏水被害と配管更新の必要性

YouTube更新しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は『マンションの漏水被害と配管更新の必要性』についてご紹介しています。

 

漏水被害は、

“濡れたところだけ”を交換することが出来ず、

濡れた場所に関わる箇所を広範囲によって直す必要があります。

 

また、マンションの場合、漏水していることに気づかず

自分の住む部屋から、下の階のお宅に水が漏れてしまっていたなんてことも・・・

 

そこが漏水被害の怖いところです!

 

ここで、実際の漏水現場をご紹介します。

 

 

漏水現場①

 

上階の給湯管からの漏水で

クローゼット内と絨毯の一部が濡れてしまった現場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床が絨毯になっているため、

部屋の絨毯は全て張り替えなければなりません。

一部分だけを張り替えることができればいいのですが…。

 

 

漏水現場②

 

こちらはマンション3階のお湯の管から漏水。

 

2階には人が住んでいない空き家だったため、

漏水に気がつかず、天井クロスの中に水が溜まり

いつ水浸しになるかわからない状況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漏水現場③

 

上階のトイレから漏水の現場です。

 

こちらも空き家だったことから漏水に気づかず

長期間、大量の水が部屋に流れ込んでしまっていました。

 

そのため、全てをスケルトン(建物の骨組みだけを残し、内装・設備を全て作り直すこと)にし、復旧作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漏水の主な原因は「給湯管」

 

漏水被害の原因の多くはお湯の管、「給湯管」からの漏水。

 

築年数が古いマンション様は、

給湯管に銅管を使用していることが多く、

年数が経過するとピンホールという針で開けたような小さな穴が開いてしまい、

漏水が起きてしまいます。

 

▼ピンホール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給湯管はメンテナンスが簡単に出来ないため、

適切な時期に配管更新が必要になります。