BLOG

ブログ

恐ろしい漏水被害。配管更新の必要性について【マンション】│修理ができる地元のリフォーム店「ナカノヤ」

こんにちは!
越谷市・浦和区・墨田区を中心にリフォーム業を行う
修理ができる地元のリフォーム店「ナカノヤ」です。

 

今回は、マンションの漏水被害と

漏水被害の現場と、配管更新の必要性についてご紹介していきます。

 

 

目次

 

 

ケース1:クローゼットの中から漏水。

 

まずは、こちらの写真をご覧ください。

 

 

クロスがベロっと剥がれています…

 

こちらは、上階のお湯の管、「給湯管」からの漏水により、クローゼットの中が濡れ、その影響で絨毯も一部濡れてしまった現場です。

 

 

漏水が起きると、『濡れたところだけを交換する』ということが出来ません。

濡れた場所に関わる箇所を、広範囲にわたって、直す必要があります。

 

これが、漏水被害の怖いところです。

 

 

ケース2:天井漏水。階下が無人で気づけず…

 

続いての現場。

 

こちらの現場は、3階。お湯の管から漏水が起きていたのですが、真下の2階は人が住んでいない空き家で、漏水に気が付かなかった、というパターン。

 

 

そのため何が起きたかというと、天井クロスの中に水がめいいっぱい溜まってしまい、いつ水浸しになるかわからないといった、危険な状態になってしまいました。

 

 

 

天井裏を確認すると、このように、水が滴っている状態。

 

 

ここまで漏水がひどくなると、復旧費用は100万円以上かかってしまいます。

 

 

 

 

ケース3:長期にわたり、漏水し続けた空き家

 

3件目の現場

 

こちらの現場は、上の階から水が漏れ、かなり深刻な漏水被害となりました。

 

 

現場は空き家。漏水に気づかず、長期間にわたり、大量の水が部屋に流れ込んでしまっていました。

 

そのため…

 

 

 

 

このように、部屋をスケルトンにして復旧をすることになりました…

(スケルトンとは、建物の骨組みだけを残し内装・設備をすべて作り直すこと)

 

こちらの復旧に掛かった費用…なんと、

総額1000万円近い金額になりました…

 

こうしたちょっとした漏水が、大きな被害に繋がっていくのです。

 

 

漏水の原因で多いのは…

 

 

漏水で一番多い原因は、給湯管からの漏水です。

給湯管に「銅の管」を使用しているマンションが多いのですが、銅の管を使用していると、「ピンホール」といった、小さい針で開けたような穴が開いてしまい、そこから漏水しているというケースが非常に多いのです。

 

 

 

 

漏水被害の対処方法

 

お湯の管、給湯管のメンテナンスは難しく、なかなか簡単にはできるものではないため、

適切な時期に、適切な工事をすることをおすすめいたします。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、恐ろしい漏水被害の現場をご紹介いたしました。

 

漏水被害は放置するほど危険で、修理費用も多額になります。

少しでも、あれ、おかしいな…?と気になることがありましたら、当社スタッフが点検・修理に伺いますので、いつでもご相談ください。

 

 

 

\動画でも詳しくご紹介しています/

 

 

株式会社ナカノヤ

◎越谷店

埼玉県越谷市大沢3-28-11

0120-47-8711

◎浦和店

埼玉県さいたま市浦和区前地3-18-12

048-711-1955

◎墨田店

東京都墨田区東向島6-9-13 MTビル1階

0120-47-8711

 

 

▼公式LINE ※お問い合わせはLINEでも
越谷・墨田店  浦和店

 

▼各SNSでは施工事例やお得にリフォームできる情報を配信中

instagram / facebook / Twitter