BLOG

ブログ

フローリング×フローリングの重ね張りの流れ│修理ができる地元のリフォーム店「ナカノヤ」

こんにちは!
越谷市・浦和区・墨田区を中心にリフォーム業を行う
修理ができる地元のリフォーム店「ナカノヤ」です。

 

先日、フローリングの張り替え工法の種類についてご紹介しました。

 

その中で、重ね張りにも

1.フローリングの上にフローリングを重ね張りする工法

2.フローリングの上に別の床材を重ね張りする工法

の2種類がございます。

 

今回は、

フローリングの上にフローリングを重ね張りする工法

について早速ご紹介していきます。

 

 

目次

 

 

 

張り替えのきっかけ

 

張り替えをご検討されるお客様のきっかけは

「床が沈む(軋む)」、「細かな傷が目立つようになった」

ということが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

また、日焼けもきっかけの1つと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、年齢を重ねてきて、

段差でつまずくことが多くなったため、

段差のない床にしたいというきっかけのお客様も多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フローリングの重ね張りの流れ

 

フローリングの重ね張りは、

まずサイズを図り、フローリング材をカットしていくところから始まります。

 

 

 

 

 

 

 

フローリング材は、全て同じ形をしているため

床に合わせて職人自らカット作業を行います。

 

そして既存のフローリング材に釘打ちを行います。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、既存のフローリング材に釘打ちを行うかというと、

釘打ちを行うことで、根太と既存のフローリングをしっかりと工程し

床が沈んだり、音なりがするといった事態を防ぐことが出来ます。

 

ここでようやく重ね張りの作業に入ります。

接着剤を使用し、床材を重ね張りしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

床に接着した後に「フロアテーブル」という大きなホチキスで留めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

これを繰り返し、フローリングの重ね張りを仕上げてまります。

 

 

工期と費用

 

フローリングの重ね張りは6畳で約1日程

費用は6畳で15万円~となっております。

 

リビング・ダイニングを全て張り替えると3日~の工期となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、張り替え工法と比べると費用を抑えることができ、

工期も短縮できるため、オススメです。

 

もちろん、おうちの築年数や構造によっては

重ね張りできないこともありますので

ご了承いただければ幸いです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

フローリングの上にフローリングを張る

重ね張り工法、参考になりましたでしょうか?

 

床の張り替えをご検討されているお客様はぜひ参考にしてくださいね。

 

お住まいのことでお困りのことがございましたら、ナカノヤにお任せください。

 

 

 

\動画つきで詳しくご説明しております!/

 

 

株式会社ナカノヤ

◎越谷店

埼玉県越谷市大沢3-28-11

0120-47-8711

◎浦和店

埼玉県さいたま市浦和区前地3-18-12

048-711-1955

◎墨田店

東京都墨田区東向島6-9-13 MTビル1階

0120-47-8711

 

 

▼公式LINE ※お問い合わせはLINEでも
越谷・墨田店  浦和店

 

▼各SNSでは施工事例やお得にリフォームできる情報を配信中

instagram / facebook / Twitter