修理ができる地元のリフォーム店 ナカノヤ

アルブル通信・感動エッセイ2013年

「アルブル」の由縁、
ナカノヤからお送りする
感動エッセイ。

大正2年「中野屋」として荒物屋・お茶屋・雑貨屋を始めとし、のれんを開けました。お客様が求めているものを常に追求する我々は、プロパンガスの販売・工事を新たに始め、そこから派生するように水まわりリフォームのスペシャリストとして成長してまいりました。

当ページではナカノヤ社員より、毎月お客様へニュースレターをお届けしています。その中で最も人気がある感動エッセイ、通称「アルブル通信」をホームページ上でも公開中しております。是非、ご覧ください。

2013年12月号 当たり前の大切さ

当たり前の大切さ 今日、懐かしいお客様のお母さんに会いました。 24年前の出来事「当たり前の大切さ」を思い出しました。 私が初めて焼鳥...

2013年11月号 『忙しい人』と『仕事ができる人』の違い

『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。 『仕事ができる人』は、「忙し...

2013年10月号 蔓延し続ける「失敗したくない病」

やる気にならない原因を、社会的な背景だけに押しつけるつもりはありません。個人の資質の変化にも、大きな要因があると考えています。 先ほど、...

2013年9月号 心の花束

「何をしてもうまく行かない」  誰でもそんな一日を経験したことがあるはずだ。  私が学生だった5年前のあの日も、そんな一日だった。前日の...

2013年8月号 車いすのパティシェ

アサガオ、ダリア、ハイビスカス……。 ギラギラした太陽の下で、夏の花が咲き始めています。 「おはようございます。うちにも“はるかのひ...

バックナンバー