エアコン修理 暖かい風出てこない ~フロンガス充填

お客様から、

『エアコンの暖房が暖かくならない!!』と

問い合わせがあり、お伺いしたところ確かに冷たい風しか出ていませんでした(゜_゜>)

 

マンション


運転を確認したところ…
窒素ガス(検査用)で、配管に圧力を掛け配管の検査をします。
そこから冷媒のガスが漏れていました。「冷媒???」聞きなれない言葉ですよね。

 

冷媒とは…

エアコンがお部屋の中を冷やしたり暖めたりできるのは「冷媒」のおかげ。
まずは冷媒の役割についてチェック!

 

※資料提供ダイキンより

空気の“熱”を運ぶ「冷媒」
エアコンには、空気の熱をくみあげて冷却や加熱を行うヒートポンプ技術が使われています。熱をくみあげるときに欠かせないのが「冷媒」です。では、「冷媒」のはたらきを見てみましょう。エアコンの中では、室内機と室外機の間を「冷媒」と呼ばれるガスがぐるぐる回っています。 冷媒の役割は、空気の中にある「熱」を運ぶこと。 冷房時には部屋の熱を外に、暖房時には外の熱を部屋に移動させます。

 

なるほど。。。エアコンには冷媒ガスが重要ですね。

…ということで、冷媒ガスの通る配管を補修しました(^_^)

配管の補修が終わったら、真空ポンプで冷媒管を真空にします(^O^)



ご相談は無料です!

お風呂のリフォームをご検討なら
今すぐナカノヤへ!

24時間受付対応