BLOG

ブログ

IHとガスコンロどっちがおすすめ?│修理ができる地元のリフォーム店「ナカノヤ」

こんにちは!
越谷市・浦和区・墨田区を中心にリフォーム業を行う
修理ができる地元のリフォーム店「ナカノヤ」です。

 

家を建設される際やリフォーム時に

調理機器をIHにするか、ガスコンロにするか

お悩みになった方多いのではないでしょうか?

 

今回はIHとガスコンロ 選ぶならどっち?について、

リフォームのプロの視点から解説していきます!

 

 

目次

 

 

 

IHの特徴

 

IHはなんといってもお手入れが楽です。

表面が平らで、五徳もないため、

油汚れも簡単にスッキリお手入れできちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

火を使わないため、安心・安全ということもあり

小さなお子様が居るご家庭や、高齢者のご自宅では

ガスコンロからIHへ変更する、といった方もいらっしゃいます。

 

コンロが原因の火災としては、

コンロの火が袖について全身全身燃えてしまう「袖口火災」が多いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IHはその心配がまず無いので、お子様やご高齢の方も安心ですね。

 

ですが、火が見えないため、

熱くなっているかわからず、天板に触れてしまい火傷をしてしまった

というケースもあるためご使用には十分に注意していただきたいです。

 

夏場も空間が暑くなることも無いため

空調が台所に届きにくいご家庭にはオススメです。

 

 

ガスコンロの特徴

 

清掃性でいうと、やはりIHより劣ってしまいます。

しかし、現在のガスコンロは昔のものと比べるとかなりお手入れも楽になっています。

 

天板がガラス天板になったことで、清掃性がぐんと上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

安全性に関しても

2008年から「SIセンサー」という安全装置をつけることが法律で義務付けられたため

安全性も高まり、消し忘れなどを過度に心配する必要もありません。

 

火が見えるからこそ安心という方も多くいらっしゃいます。

また、料理が好き、得意という方は「料理を作っている」という感じがして素敵!というお声もございます。

 

しかし、夏場などは調理スぺースが暑くなってしまうこともあるため、

空調がきちんと届くかなども考慮しながらお選びいただく方が良いかもしれません。

 

 

IHとガスコンロ、選ぶもので変わること

 

まず第一に調理器具が変わります。

 

IHは“専用鍋”が必要になり、

鍋の下に鉄板が入っているものをご使用いただく必要があります。

そのため、重い鍋を使用しなければなりません。

 

また、お湯の沸く速さについては、

調理器具により異なりますが、IHの方が早いです。

 

IHは天板に接している部分が全て温められるためです。

ガスの場合、火が横に逃げてしまったりロスが多いため

IHの方がお湯が沸くスピードが速いです。

約2分30秒ほどの差があります。(※ナカノヤ調べ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ナカノヤではガスもIHもお客様のご要望によりご提案することが可能です。

 

お客様のお悩みやご希望に沿った商品をご提案させていただきますので

お気軽にお問い合わせください。

オンラインでのご相談も可能です。

 

動画でも詳しくご紹介しています!ぜひご覧ください。

▼前編

 

▼後編

 

株式会社ナカノヤ

◎越谷店

埼玉県越谷市大沢3-28-11  0120-47-8711

◎浦和店

埼玉県さいたま市浦和区前地3-18-12 048-711-1955

◎墨田店

東京都墨田区東向島6-9-13 MTビル1階 0120-47-8711

 

 

▼公式LINE ※お問い合わせはLINEでも
越谷・墨田店  浦和店

 

▼各SNSでは施工事例やお得にリフォームできる情報を配信中

instagram / facebook / Twitter